カテゴリ:movie/anime( 20 )


ドーデカス
スペースシャワーで放送中の、ピエール瀧の番組『ドーデカス』。
我が家では観れないのですが、録ってくださる方のおかげで、ビデオに収まったものをまとめて観ました。これ、面白いです。
「コアでエッジな音楽情報がクイズになって」まして、色々なミュージシャン情報やビデオクリップが出てくるのがなかなか楽しい。クイズの出し方や選択肢も面白い。ここに親切なヒントを出す独特の司会・瀧的トークが加わり、笑いの点でも十分。解答者は賭けドデカをベットしてクイズに答えるのですが、まったりとした進行の中で、これが意外にハラハラする場面もあったり(笑)

ダブルアップチャンスにチャレンジし、うまくいけば賭け点がさらに倍に。失敗すると賭け点がチャラになるか、ひどいときは持ち点までも半分失うという極端さ。
正解率が高くても運が悪ければ持ち点が容赦なく減り、あまり正解しなくても、倍率の高い場面で点を稼げれば商品をGET。
解答者のあまりの不運さに、なんとか商品を獲得させようと心を配る瀧、一方、意に反して不正解の選択肢やマイナス倍率の目を出してしまい、更に運の悪さが露呈する解答者、という図もあり。

不正解の場合、後ろにいるワイン+バスローブのじいさん(シビレさん)に微妙な電気ショックを与えられるのですが、このおじいさんの絵面はちょっと見て欲しいです。
[PR]
by hachica | 2005-01-03 14:15 | movie/anime


パタリロ!DVD-BOX1
b0001545_2123884.jpgすみません、とうとう買ってしまいました…。(笑えばいいと思うよ)
いつか買うのはわかっていたけど、最近BOX1を店頭で見かけなくなったので「か、買わなきゃ(なくなる!)」と危機感に襲われ決意。
魔夜峰央の作品好きなんだ…。このパタリロ、何かと懐かしがられますが原作は現在も単行本が出てます。
最近のアニメは原作のイメージを壊してしまうものも多いですが、これはかなり原作に忠実に作られています、そこが素晴らしい。
且つ作画もしっかりしているので安心して楽しめます。それにこの作品の色彩は独特で、他のアニメでこういう色使いを見ることはないでしょう。
そしてなんといっても各所に散りばめられる「魔夜テイスト」最大の特徴である、あの細かい模様の背景や小物、そして花(主にバラ)。
BOX1の1巻・混戦電話ネタで『ラシャーヌ』が出てくるのもファンとしては嬉しい。

当時アニメーション化にあたり魔夜先生は、無理に原作に合わせて違和感が出るよりは自由に作って欲しい、と特に注文をつけられなかったとのこと。その潔さも素晴らしい。
この内容が、当時普通に地上波で流れていた事もすごいなぁ…と改めて思います。色んな意味で結構きわどいものね。
最近BSで再放送してたときにも「この局で??!」と驚いたものです。
お子様たちからバンコランやマライヒの似顔絵が送られてくる様子が、ほほえましいやら(どういう認識で見てるのか)気になるやら。

この時代のアニメって、オープニングやエンディングの曲もオリジナルのものを作っていたし、その部分のアニメも凝っていて、更にCM前後のアイキャッチまで用意されていて…と、かなりこだわりが感じられます。ついつい最近の軽いつくりのアニメと比べてしまったり。
[PR]
by hachica | 2004-12-08 22:06 | movie/anime


ピエール瀧 presents COMIC 牙 デラックス
b0001545_0144031.jpg※今回偏っている上に長いですから。

昨年4月にリリースされ、大反響と大爆笑を呼んだ企画DVDの第2弾。
第1弾では元「電気グルーブのオールナイトニッポン」リスナーにして現・瀧のマネージャーであるニシイが色々素敵な姿をお披露目してくれました。この第2弾は、色々な地にぶらりと出掛ける瀧の様子を収録。地味な(?)題材に瀧フィルターを通すことの面白さに加え、音楽と映像の編集具合も面白い。

もちろんこのDVDのメインである、DISC1の『COMIC牙』は必見なのですが、今回のお楽しみはなんといっても、あの

DISC2の『ピエール瀧とベートーベン LIVE at LIQUIDROOM』

・・・・・これですよ!!
2003年10月10日。今はなき新宿リキッドルームにてオールナイトで行なわれた『ピエール瀧7HOURS DELUXE』。そのイベントで登場した一夜限りのスペシャルバンド『ピエール瀧とベートーベン』ライヴを完全収録。
様々なアーティストが参加した企画バンドなので、DVD化は難しいのでは?と噂されていましたが見事実現。本日届きました。もう、ソッコーで開封&視聴。

バンドアレンジのベートーベーン『運命』でステージスタート。
瀧登場後、なんと「人生」時代の名曲『オールナイトロング』を披露。これには爆笑感激。続いて同じく「人生」の瀧歌『俺が畳だ!殿様だ!』。
出だしから懐かしさと新しいアレンジによる不思議な心地よさが混ざって相当いい感じ。そしてなんといってもまりん(元・電気)のいる風景(笑)
『モテたくて・・・』では、この曲がらみの漫画家・天久聖一氏が登場。
彼の「モテたくて・・・デザイン事務所ですよ」に爆笑。しかもこの曲、アレンジもかっこいい。どの曲もいいアレンジがされています。
元々かっこいいラストの『ガリガリ君』も更に男前。

人生時代の名曲から電気グルーヴの瀧歌曲まで、濃いめがお好きな方も満足の瀧節をバンドアレンジで披露した圧巻のパフォーマンス!まさにお宝映像。
瀧感覚にピンとくる人には激おススメ!いや、ほんと彼はエンターテイナーですよ。

以下、曲目。わかる人にしかわからないこのラインアップの濃さ。

■ピエール瀧とベートーベン LIVE at LIQUIDROOM
1.運命(Intro) / 2.オールナイトロング / 3.俺が畳だ!殿様だ!
4.ちょうちょ / 5.さびしがりやの瀧 / 6.バカ正則
7.元祖・力医師 / 8.キラーポマト / 9.モテたくて…
10.富士山 / 11.ガリガリ君

■ピエール瀧とベートーベン/メンバー
ギター・ベートーベン/ブラボー小松
ベース・ベートーベン/ジニームラサキ
ドラム・ベートーベン/吉村由加(from DMBQ)
シンセサイザー・ベートーベン/砂原良徳(まりん)

一夜限りと思われていた夢の企画バンドですが、なんと彼等、
今月24日・恵比寿リキッド・ルームにて再びライヴを行います。
昨年も仕事が重なり涙をのみましたが、今回もスケジュールがどうしても合わず無念の不参加…最近こういうのが多いよ、学生の頃は関東のライブにも参戦してたのになぁ…行ける人が羨ましい。。都会の輩が羨ましいデス。。

昨年のこのイベントの詳細は
// LINK →ピエール瀧 presents 7HOURS DELUXE(bounce.com)
[PR]
by hachica | 2004-12-05 23:50 | movie/anime


ド、ドラちゃんが
// LINK → ドラえもんの声が交代へ=来春、大山のぶ代さん降板

テレビ朝日系の人気アニメ「ドラえもん」で四半世紀にわたってドラえもんの声優を務めてきた大山のぶ代さんら主な声の出演者5人が来春、降板し、若手と交代することが21日明らかになった。

「サザエさん」などの長寿アニメで、声優さんが亡くなられて交代、ということは何度かありましたが。まだご存命なのに交代されるんですね…寂しいなぁ。
つか決めたの誰だ?たまたま最近、ドラえもんの声優陣の方々も年配になられた…と思い、同時にあのお年で続けておられることに嬉しさを感じていたのに。

最近のドラえもんをたまに観ると、その変わりっぷりにびっくりするオープニングなど、気になることは多々ありましたが、後半の1編は旧作、というつくりに妙にほっとしたものです。(明らかに別人の「しずかちゃんのパパ(←このリンク先必見)」については未だに謎ですが。)
できれば旧作は旧作の声優陣のままでいってほしいところですが、難しいですかね。
サザエさんのカツオやノリスケさんの声が変わったときは非常に違和感を感じましたが、それに(かなり時間はかかったけど)慣れていったように、新ドラにも慣れていくのかしら…。
いや、これはちょっと難しいな。しかも主役と主要人物ばかり一斉に。

あの声を聞いて育ったものとしては非常に残念です。
とにかくお疲れさまです。春まで残り少しですが頑張って欲しいです。
[PR]
by hachica | 2004-11-21 22:00 | movie/anime


DOWN TOWN - GAKI no TSUKAI DVD 3 -
b0001545_16474817.jpgガキの使い第3弾DVD、amazonより到着。
この第3弾の温泉旅行、「笑ってはいけない」というだけでも過酷なのに、笑った罰が「吹き矢」。笑わせネタはすごく面白いものの、さすがにちょっと痛々しいのが難。(唯一、気兼ねなく平和に見れる罰ゲームシリーズは鬼ごっこかな…)
でもお笑い度は五つ星。開始直後から笑いっぱなしです。
可哀想ながらも、繰り出されるネタがそれを上回る面白さ。
ああ…でも吹き矢はきついわ…。笑ったらいかんのも辛いわ。

LINK → ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 3 罰 + 松本チーム絶対笑ってはいけない温泉旅館の旅 !
[PR]
by hachica | 2004-10-27 18:32 | movie/anime


キンゲダンス
キングゲイナー』アニメーションディレクター、キャラクター・メカニックデザイン・作画監督の吉田健一氏のサイトで、キンゲOPの「キンゲダンス」原画公開中
しかもタイムシートまで見れてしまいます。
印象のキメどころを押さえた原画。キャラごとに特徴のある動きは必見。

コミックス版・3巻も11/23に発売。(じんわり待っています。絵、激うまいですよ)

吉田氏のサイトはコチラ
// LINK → gallo44
[PR]
by hachica | 2004-10-22 00:00 | movie/anime


ghost in the shell - STAND ALONE COMPLEX
b0001545_2303814.jpg今更ですが、やっと『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』を観てます。作業BGM(この場合「Background Movie」)・一人アニメ祭りの続きです。

映画版の方は持っているのですが、このシリーズは未購入。
さすがに、初めて観るものが流れてると、てんで作業にならず。笑。
だって、すんごい面白いんだもん。
今、シリーズの最後の方。
素子が…!バトーが…!トグサが…!笑い男が…!
というか、荒巻が!!荒巻ーー!!たまらん。シブいジジイだ!!

これを貸してくれたお身内の方は、実はまだこれを観ていない。
ごめん、先に観て。(しかもなかなか全部観れなくって)
やっと観終わりそうだよー、もうちょっと待ってね。

・・・・・。
・・・タ、タチコマ・・・!(涙)
[PR]
by hachica | 2004-10-07 23:21 | movie/anime


COWBOY BEBOP
b0001545_23551262.jpg引き続き、作業のお供にアニメDVD。
ジブリ祭りというより、もうアニメ祭りになってきてます。
今日は、久々に『COWBOY BEBOP』を視聴。

// LINK → BANDAI CHANNEL - COWBOY BEBOP -

このシリーズ、高いこともあってなかなか収集が進まず、3までしか集めてないのですが、どうも年内に廉価版になったBOXが発売されるようです。揃えるチャンスかも…と狙い中。

// LINK → バンダイビジュアル「カウボーイビバップ」のDVD-BOXを発売

というか、amazonの回し者ではないけれど、かなり安くないですか?
20%OFF=¥8400 OFF ですよ。すごい。早速予約してしまったよ…。
でも、ジャケはBOXでないのの方が断然かっこいい(実際のイメージとは異なるらしいが)。中身はどうなってるのかしら。

// LINK → cowboy bebop 5.1ch DVD-BOX (amazon)
[PR]
by hachica | 2004-10-04 23:53 | movie/anime


GHIBLI
b0001545_23193978.jpg昨日から、作業中のBGM代わりにサブPCでDVDを流しまくっています。ずっと前から欲しくて先日やっと買った『海がきこえる』を数回観て、なんとなくジブリモードに。
それからは『風の谷のナウシカ』数回(笑)に『魔女の宅急便』、これから『天空の城ラピュタ』に入ります。一人ジブリ祭り。

『海がきこえる』は、原作が氷室冴子なのもツボだし、出てくるキャラクターや淡々と進む感じ、光と影の対比の強さから生まれる独特の空気感みたいなものがとても好き。
初めて放映されたのは夕方のTV放送で、ものすごく衝撃を受けた記憶があります。

『ナウシカ』は、原作の漫画が設定も複雑で、内容的にはアニメの方はかなり短縮・変更しているので物足りない部分もあるのだけど、やっぱり観る度に感動。なんといっても城の大婆さまが最高。(ジブリ老人最高。)ユパ様もね。

なぜか、大人になればなるほど『魔女の宅急便』が心にしみる。
キキのスランプの時とか、自分がものをつくるときなんかと重ねてしまって、
妙にぐっときてしまいます。

これから『ラピュタ』を観て、またムスカの「人がゴミのようだ」と
「目がぁ目がぁぁー!」などの名場面を確認したいと思います。

セルものがDVDになると、ちょっとはっきりしすぎて感じが変わってしまった部分もあって、そういうのがちょっと残念。ビデオより観やすいしきれいなんだけども。
[PR]
by hachica | 2004-10-03 23:29 | movie/anime


DOWN TOWN - GAKI no TSUKAI DVD 2 -
b0001545_0132190.jpg待ちに待った『廃旅館』罰ゲームのDVD。
シリーズ1の時は買うのが遅れて初回版を逃したので、今回は早めにお店へ行きました。大きなお店には数点残ってたので、先日ぎりぎりセーフで購入。
パッケージがいい感じです。田中秀之デザイン。

「いわく付きの旅館」なんて吹き込まれた上であんなところに1泊するのは相当怖いので、最初はちょっと気の毒な気持ちもあったのに、あっという間にそんなことを忘れるくらいの爆笑リアクション。かなりびびりな松ちゃんの姿に抱腹絶倒。(事前の話以外に、更に、その手のエキスパートである「つのだじろう」や「つまみ枝豆」まで仕込んで、現場で怪奇話を聞かせる徹底っぷり。)

それにしても、何度も同じ目にあって明らかに演出だとわかっているのに、毎回トイレで恐れおののく松ちゃんには爆笑。
その後の振り返りトークで、ココリコ田中がヘイポーに関するネタを披露。
(スタッフのOKサインを見間違えて…のくだり)これにまた爆笑。
振り返りトーク後に、また罰ゲームを観直すと更に面白い。

1に続き、こちらもマルチアングル対応。

// LINK →
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 !
[PR]
by hachica | 2004-10-02 00:10 | movie/anime


Top

::: ツブヤキ :::
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
about
■about this blog
管理人:ハチカ

petitrack petitrack (flash)
www.hm2design.com

mobile illust site
ハチミツ.mini
qr
・・・・・・・・
PC wallpaper
yotsuba_uribou
800*600  1024*768
1280*1024 1600*1024

カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
Orbital - Be..
from mostalgy
ほぼ日手帳
from ミキタ【生存報告書】
おれもおれも
from Mitchy Pocket
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧