<   2004年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


展示のお知らせ
b0001545_23205390.gif
2005.1.6(THU)〜1.19(WED) 広島パルコ/新館5F カフェリブロ



小さな展示をします。まずは少量ですが、キャラクターグッズ第1弾のバッジ(14種類)とポストカードもお手頃価格にて販売決定。
※心の中ではこれがメインディッシュ。
現在、制作中。(げっそり)いや、なかなかかわいく出来てますヨ。
立体キャラは、今回ちょっとスケジュールが厳しい、かな。
原型はほぼできてるのですが・・・。

[PR]
by hachica | 2004-12-29 20:00 | info.


入稿ー!
イエー!ひとまず入稿!!
オンライン入稿で、さすがに20時過ぎだと明日扱いになると思いますが(笑)
後は、明日データ確認が無事とれて進む事を祈る。
指定期日にきっちり仕上がりますように。

大物はとりあえず置いておいて、小物たちの制作の続きに取りかかるべし。
[PR]
by hachica | 2004-12-20 22:10 | info.


印刷物のエトセトラ
b0001545_2338441.gif自分予定では、明日入稿しないと間に合わない大物データがある。(右の画像は、そのごく一部の端っこの方の、ただの切り抜きなのでほとんど関係ない。)
なんてことはないイラストなのだけど、大きいというだけで精度を上げる必要が生じ「あー…印刷物になるってのは大変だなぁ…」としみじみ。なまじ普段モニタ出力ものばかり作っているので、いざそのまま刷ってみると、色の問題(RGB→CMYK)だけでなく細部の細部(拡大最大値)で微妙にズレてたりなんかして「あうあー」となります。
モニタではわからないものが、印刷物になるとどんなに小さいズレも浮き彫りに。

しっかし、やっぱりモニタで見るものより刷ったものの方が格段に愛着を感じます。
質感・『モノ』感の強さがもうぜんぜん違うですよ。
改めて印刷物フェチなことまでも浮き彫りに。
特に、「1つ穴パンチ」で穴をあける作業があるのですが、穴があいた印刷物なんて見てると、妙〜にたまんない愛くるしさに包まれます。・・・グッズはいいね!
[PR]
by hachica | 2004-12-19 23:56 | info.


goods etc.
b0001545_2412845.gifコツコツ・着々とグッズ制作が進んでいます。
間に合うかどうか心配です。
(ほんとはグッズよりむしろ展示するイラストの方が問題だ)
[PR]
by hachica | 2004-12-17 02:41 | info.


迷いのtalby
例の「期待満載」のtalbyデスガ。
店頭でモックアップを見たところ、紙媒体やネットで見ていた印象と・・・違う。
うん、違う。そしてそれは(個人的にですが)悪い方に違う。

実はすでにモックアップを見る前から気に入らなかったのが背面の黒長ランドセルだった。全方向の画像をチェックした際、ガクーンとなったのを覚えている。
しかし実機をみるまではなんともいえないので様子を見ていました。

そして店頭で確認した時、(覚悟が出来ていたせいもあり)黒い部分については許容できたのですが、他にどうしても許せない部分が出てきました。
表のボタンの色・質感!!なんであんなツヤッツヤなの…?そしてグリーンとオレンジはなぜあんなに蛍光色??ええ? ちょっとがっくりだったよ…。
ボタン部分はツヤ消しゴムっぽい質感がよかったのに。ものすごいつやつやしててビビッド。紙やモニタじゃあんな色じゃなかったじゃん。。もう黄緑いらないよ・・・。うう・・・。

黒ボタンはなんとか許せるのデスガ。でもINFOBARのが全然いいよ(笑)
ビルディングだと飽きないしさ。
うーん。でも迷うのが、携帯用のFlashムービーを作りたかったんだよね・・。
INFOBARだとFlash見れないから、確認出来ない=作れない、なのです。
それもあって機種変更考えてたんだけど。どうしたものか。
一度ストレート持つと、折りたたみのかさばり具合がつらいし。ううーむ。

でもこれは「モックアップ」だしな…「実機」みないとわからんよね。
INFOBARの時も実機のが数段良かったし。
・・・とまだ希望を抱いてみる。そういえば、もしかしてもう発売なのかな。
[PR]
by hachica | 2004-12-10 23:33 | other


dos logos
b0001545_0122740.jpg
最近、お買物録と化していますが。
パルコのLIBROで、お気に入りのデザイン書籍を発見。
以前、同シリーズの赤バージョンの表紙のものをプレゼントしていただき、ステキロゴが満載ですごく気に入っておりまして。即購入。

今日は、来月初めの展示についての打ち合わせと、展示に必要なものの物色をして参りました。ハンズとか久々に行ったよー。最近デジものばっかり作ってて実在系作ってなかったから…!大学の頃は材料探しでホームセンターに通い詰めだったのですよ。
広島のハンズはあの頃と比べると「材料」ものが少なくなってる感じがして寂しかったです。←どうせここだと高めの値段がついてるので、よっぽどここにしかないもの以外は他のところを狙ってたわけですが・・・この売り場縮小はそういう流れが原因でしょうか。

結局、備品を少々買って帰りました。
ほんとに欲しいものはここにはなくてがっくり。
明日、あるエリアに覗きに行くしかありません。
[PR]
by hachica | 2004-12-09 23:30 | book/comic


パタリロ!DVD-BOX1
b0001545_2123884.jpgすみません、とうとう買ってしまいました…。(笑えばいいと思うよ)
いつか買うのはわかっていたけど、最近BOX1を店頭で見かけなくなったので「か、買わなきゃ(なくなる!)」と危機感に襲われ決意。
魔夜峰央の作品好きなんだ…。このパタリロ、何かと懐かしがられますが原作は現在も単行本が出てます。
最近のアニメは原作のイメージを壊してしまうものも多いですが、これはかなり原作に忠実に作られています、そこが素晴らしい。
且つ作画もしっかりしているので安心して楽しめます。それにこの作品の色彩は独特で、他のアニメでこういう色使いを見ることはないでしょう。
そしてなんといっても各所に散りばめられる「魔夜テイスト」最大の特徴である、あの細かい模様の背景や小物、そして花(主にバラ)。
BOX1の1巻・混戦電話ネタで『ラシャーヌ』が出てくるのもファンとしては嬉しい。

当時アニメーション化にあたり魔夜先生は、無理に原作に合わせて違和感が出るよりは自由に作って欲しい、と特に注文をつけられなかったとのこと。その潔さも素晴らしい。
この内容が、当時普通に地上波で流れていた事もすごいなぁ…と改めて思います。色んな意味で結構きわどいものね。
最近BSで再放送してたときにも「この局で??!」と驚いたものです。
お子様たちからバンコランやマライヒの似顔絵が送られてくる様子が、ほほえましいやら(どういう認識で見てるのか)気になるやら。

この時代のアニメって、オープニングやエンディングの曲もオリジナルのものを作っていたし、その部分のアニメも凝っていて、更にCM前後のアイキャッチまで用意されていて…と、かなりこだわりが感じられます。ついつい最近の軽いつくりのアニメと比べてしまったり。
[PR]
by hachica | 2004-12-08 22:06 | movie/anime


ドラゴンクエストVIII
b0001545_22432093.jpgなにせ7でかなり騙された!と思ったのでびくびくしながら遠巻きに見ていましたが。あの音楽に誘われて先日案の定購入。ちびちびと、スローペースながら無理矢理時間作って寝る前に進めています。(この場合、睡眠を減す)

序盤は少々だるい展開で「また騙されたんじゃぁ…いやいや」の繰り返しだったものの、進めるにつれて面白くなってきました。アイテムの合成ができるのもたのちい。さっさと仲間を4人集めればよかった。レベル上げようとしすぎて、3人の時間が長過ぎたよ…。おかげで、ワールドマップを手に入れないままにかなり遠くまで散策して、いらぬ苦労をしました。
3人目の女の子キャラも「またキツイ系の女子か…」と思ったけれど、踊り子の服を着せると割とかわいくて受け入れられるように。(踊り子の服:上半身は白いブラトップのみ。この段階ではまだバニーはないので)このゼシカ、ツインテールなのですが髪型変えたいなぁ。

個人的にやや3D酔いしそうなのが、ずっとついてまわる問題です。
[PR]
by hachica | 2004-12-07 22:17 | game


ピエール瀧 presents COMIC 牙 デラックス
b0001545_0144031.jpg※今回偏っている上に長いですから。

昨年4月にリリースされ、大反響と大爆笑を呼んだ企画DVDの第2弾。
第1弾では元「電気グルーブのオールナイトニッポン」リスナーにして現・瀧のマネージャーであるニシイが色々素敵な姿をお披露目してくれました。この第2弾は、色々な地にぶらりと出掛ける瀧の様子を収録。地味な(?)題材に瀧フィルターを通すことの面白さに加え、音楽と映像の編集具合も面白い。

もちろんこのDVDのメインである、DISC1の『COMIC牙』は必見なのですが、今回のお楽しみはなんといっても、あの

DISC2の『ピエール瀧とベートーベン LIVE at LIQUIDROOM』

・・・・・これですよ!!
2003年10月10日。今はなき新宿リキッドルームにてオールナイトで行なわれた『ピエール瀧7HOURS DELUXE』。そのイベントで登場した一夜限りのスペシャルバンド『ピエール瀧とベートーベン』ライヴを完全収録。
様々なアーティストが参加した企画バンドなので、DVD化は難しいのでは?と噂されていましたが見事実現。本日届きました。もう、ソッコーで開封&視聴。

バンドアレンジのベートーベーン『運命』でステージスタート。
瀧登場後、なんと「人生」時代の名曲『オールナイトロング』を披露。これには爆笑感激。続いて同じく「人生」の瀧歌『俺が畳だ!殿様だ!』。
出だしから懐かしさと新しいアレンジによる不思議な心地よさが混ざって相当いい感じ。そしてなんといってもまりん(元・電気)のいる風景(笑)
『モテたくて・・・』では、この曲がらみの漫画家・天久聖一氏が登場。
彼の「モテたくて・・・デザイン事務所ですよ」に爆笑。しかもこの曲、アレンジもかっこいい。どの曲もいいアレンジがされています。
元々かっこいいラストの『ガリガリ君』も更に男前。

人生時代の名曲から電気グルーヴの瀧歌曲まで、濃いめがお好きな方も満足の瀧節をバンドアレンジで披露した圧巻のパフォーマンス!まさにお宝映像。
瀧感覚にピンとくる人には激おススメ!いや、ほんと彼はエンターテイナーですよ。

以下、曲目。わかる人にしかわからないこのラインアップの濃さ。

■ピエール瀧とベートーベン LIVE at LIQUIDROOM
1.運命(Intro) / 2.オールナイトロング / 3.俺が畳だ!殿様だ!
4.ちょうちょ / 5.さびしがりやの瀧 / 6.バカ正則
7.元祖・力医師 / 8.キラーポマト / 9.モテたくて…
10.富士山 / 11.ガリガリ君

■ピエール瀧とベートーベン/メンバー
ギター・ベートーベン/ブラボー小松
ベース・ベートーベン/ジニームラサキ
ドラム・ベートーベン/吉村由加(from DMBQ)
シンセサイザー・ベートーベン/砂原良徳(まりん)

一夜限りと思われていた夢の企画バンドですが、なんと彼等、
今月24日・恵比寿リキッド・ルームにて再びライヴを行います。
昨年も仕事が重なり涙をのみましたが、今回もスケジュールがどうしても合わず無念の不参加…最近こういうのが多いよ、学生の頃は関東のライブにも参戦してたのになぁ…行ける人が羨ましい。。都会の輩が羨ましいデス。。

昨年のこのイベントの詳細は
// LINK →ピエール瀧 presents 7HOURS DELUXE(bounce.com)
[PR]
by hachica | 2004-12-05 23:50 | movie/anime


ガラスの仮面 42巻
// LINK → ガラスの仮面 42巻 12/16発売

ある時を境に、雑誌掲載分をそのまま単行本化せず、大幅な加筆修正の末「書き下ろしコミックス」形態となった『ガラスの仮面』。そのためなかなか新刊が発売されずストップしたままの状態でしたが、いよいよ今月、続巻の42巻が発売されます。
かなり楽しみです。前巻もすごい気になるところで終わってるし!

下記リンクの内容を読んでいただくと色々な事がわかると思いますが、花とゆめ本誌に掲載されていながら(もったいないことに)カットされたエピソードや、より長くなったエピソードなどもあり、進行も遅れ気味。しかしながら単行本の出来映えはすごい。
どんなに長くなってもよいのですが、ファンとしての願いはただひとつ。
とにかく元気で、最後まで描き上げて欲しいということに尽きます。


// LINK → ガラカメモリー
これまでのガラカメを知るにはここ。
修正前の花とゆめ掲載分のあらすじがテキストに起こされています。
[PR]
by hachica | 2004-12-04 23:59 | book/comic


Top

::: ツブヤキ :::
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31