<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


白靴祭り
b0001545_11452752.jpg5月の初め、在庫切れで追加生産待ちと言われたツモリの靴が入荷したとの連絡が入り、早速受け取りにそごうまで。

これと同じ系統のデザインで、ヒールが1cmタイプのものもあったのですが、最近、ほとんどぺたんこのものばかり買っていたのと、サイドのしゅるしゅるしたラインが、角度がついていた方がきれいに見えたので、こちらの5cmヒールの方を予約して待つことにしました。予約時は、すでに白の23.5cmがなく、ゴールドのものを試着しました。
そっちも結構よくって、かなり悩みましたが、ぎらついた財布を買った後だったので「(もう)光らなくていいやー、白のつま先があいてない靴持ってないし」で、まだ見ぬ白に決定。
その予約のとき、同時に別の白いサンダルを誕生日プレゼントで買って貰ったので、昨年買った(これまたツモリの)別のサンダルと合わせて、白ツモリが3足。
どれも全然タイプが違うので、それぞれ活躍どころも違うのですが、今はこれらがローテして白靴三昧に。

そうそう。店員さんが「予定より入荷が遅れたので…」と、お値段をSALE価格にしてくださり、2千円くらい割引に。ありがとうございます。更に、ポイント交換で商品券を2千円分持っていたので、計4千円引きにての購入となりました。うひ。
[PR]
by hachica | 2005-06-30 23:55 | goods


SHURE E2c
b0001545_014610.jpg
これまで、iPodを使っていながら、イヤホン使い且つ乗り物で聴くことがなくて気づかなかったのですが、どうも購入時付属のイヤホンは、耳から落ち易いだけでなく遮音性なしということが判明。
新幹線や電車での移動時に、ものすごーく音量を上げるはめになり、駅で停止する度に、耳は痛いし、周りを気にして音を小さくしなきゃいけないかしら…とドキドキ。実際新幹線では、停止駅ごとに音量下げておりました。

ここはひとつ、遮音性の高いブツを手に入れよう!ということで、SHUREのE2cに手を出してみました。外部の音が聞こえにくくなるのはちょっと心配でしたが、歩きながら聴くわけではないので、ひとまずよしとします。今はとにかく遮音だ!

もひとつ気になるのは、初挑戦の『インナーイヤー』だということ。
こちらは、パッケージに透明チップタイプとオレンジ色のスポンジタイプがそれぞれS, M, Lと3種ずつ入っているので、音の好みと合わせつつ、サイズの方も合うものが選べました。私は「スポンジS」が丁度良い感じでした。

事前に調べた情報では「低域〜中低域が得意」という話。なるほどその通りで、ロックやポップスにはかなり向いているように感じます。うんうん。満足。
中低域をきれいに細かく拾いつつ、高音も耳障りなシャリシャリ感がないのはかなりいい感じです。
…と、ここで問題が! 私が主に聴くのはテクノ系なわけで。。
うわー…ちょっと…もうちょっと重低音きかせたいな、これ。

装着がしっかりしてないと、低音が逃げるとの注意もあるので、改めてMサイズを試したりとかしながらしっかり装着し直して…もまだ物足りない。うー。
テクノ系でiPodのEQを Electronick にすると低音がやや物足りなく、Bass Booster では割れ気味(もしくは籠り気味)に、曲によっては Dance とかでもいけそうだけど、ざっと試したところ、バランスがいいのはやっぱり Electronick 。

正直、今の時点では完璧!とはいかないないけれど、ひとまず低音きき過ぎだと疲れるかも…と見方を変えて、研究しつつ、しばらくこれでいってみます。
これで、色が白だともっといいのですが、コード含め白のタイプのE4cは、お値段も全然違うのです。頻繁には使わないので、ちょっと手が出ません。
その2点以外はかなり満足のイヤホンです。
[PR]
by hachica | 2005-06-28 23:58 | goods


カレー・カレー・カレー
ミッチーさんのカレー話を読んで、また、あのカレーを思い出してしまいました。
昔、新宿で食べた『カフェ・ハイチ』のドライカレー。
何度か連れて行って貰い、1度目より2度目、2度目より3度目…とだんだん癖になっていく不思議に美味しいあのカレー。
私はドライカレーしかチャレンジしていませんが、ビーフカレーもかなり美味のようです。更に、セットであるコーヒーにはラム酒をいれていただく…という特徴があります。コーヒーとラム酒の組み合わせが、なかなかいいのです。
人によって好みはあると思いますが、個人的にはおすすめカレー。

あー・・・食べたいけど食べられない。
広島から、遥か彼方の東京とハイチを夢見つつ。。

でもお家カレーが一番!というのも納得。
でもっていつかミッチー宅のお家カレーも食べさせていただきたい、じゅる。

// LINK → カフェハイチ
// LINK → カフェハイチ 2号店

大崎店もあるみたいです。
// LINK → カフェ ハイチ 大崎店
[PR]
by hachica | 2005-06-27 15:59 | food


Musical Baton
かおさんのブログから、「Musical Baton」が回ってきました。
海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。
音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール。
らしいです。
今日CD買ったばかりなので、タイムリーだなぁと思いつつ答えてみます。

★コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
‥9.3GB ( iPod にはPCと同曲のもの含みつつで13.5GB )

★今聞いている曲
‥聖☆おじさん (YSST RMX 2005)/ 電気グルーヴ×スチャダラパー
まりんミックスのセイーントおじさーん。

★最後に買ったCD
‥聖☆おじさん / 電気グルーヴ×スチャダラパー
今日購入。

★よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
‥Alter Ego   「Rocker」(Album「TRANSPHORMER」)
「ミュー」という電子音が、ちょっとうみ子の声のイメージに近い。
いつも、奴が踊ってる映像が回る曲。
WIRE04であらゆるDJがかけまくった、2004夏の象徴曲。

‥小沢健二  「さよならなんて云えないよ」
この曲を初めて聴いたのがオザケンライブ時で、後にSCDを買いました。
そのライブ自体がすごく楽しかったので曲とともによく思い出します。
「♪オッケーよ」、のところで全員が頭上で腕を輪にして背伸び!の振り付けが印象深い。曲自体はなかなかせつないです。

‥ユニコーン  「すばらしい日々」
名曲デスヨ。この曲が入ったアルバム出した後、解散したんだよなー…。

‥サニーデイ・サービス  「恋に落ちたら」(Album「東京」)
サニーデイ・サービスはどれも懐かしい香りですが、
これは個人的にもちょっと懐かしい曲です。

あとは、曲、というかヘビーループしてるのは
‥電気グルーヴ / Fantastic Plastic Machine / pizzicato five /
FLIPPER'S GUITAR ・・・このあたり全般

思えば我が家のCDの、解散したり休止したりのアーティストがしめる割合の高さよ。
巷で流行のものがひとっつもねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★バトンを渡す相手、5人の名前(+ブログURL)
なんだかねずみ・・・式に繋げていく感じなので不審ですが、
(&思い切ってここで止めてもいいのですが。笑)
質問内容だけ興味があるので「回す」というより「ご質問」、という形で。

問いかけられたお身内の方へ:
なんとなくお答え気分だったらよろちく。
まじ面倒だったらスルーしてください。

ミユチさまミキタさまミッチーさま
[PR]
by hachica | 2005-06-24 02:45 | other


関西方面に行ったら必ず
b0001545_17362736.jpg
これを買って帰るのです・・・。『赤福』と『京のお抹茶プリン』。

お仕事での京都行き。事前の下調べが足りなくて、京都探索の方はほとんどふらふら〜っとして帰っただけになりましたが、しかし!これを買わずには帰れません。
好物なんデスヨ。
で、『赤福』であって『御福餅(旧・御福)』ではありません。
(パッケージがかなり似ているので間違えないように! 餡の質感とかが全然違うんですわ。よく新幹線の中で売られているのは後者の方です。個人的に好きなのは前者の『赤福』の方。)

賞味期限が1日しかないので、自分の家以外へのお土産には難しい部分もありますが、餡と餅だけの、あのシンプルな組み合わせがたまらなく美味。餡と餅の比率も絶妙。
甘いものにあまり興味が無い方なのですが、赤福はほんと大好き。

何度か、「赤福買ってくるよ〜」と言いつつ間違って後者の『御福餅』をお土産にいただいたことがあるのですが、こちらの方は、(あくまで個人的にですが)赤福に比べると餡がざらっとしていてツヤがない感じ。やはり別物だと思いました。餅の食感も違う。(言っても大丈夫な間柄なので、両者の違いについては報告済みであります)

それと、写真右は「京みがわ」の『京のお抹茶プリン』。
抹茶プリン本体に付属の抹茶ソースをかけて食すのですが、これまた抹茶ソースにまったりプリンが絡み合うともう…。
抹茶プリンでは私の中でナンバーワンの味です。濃いめの抹茶が好きな人にはおすすめ。カップから出さずに食べるコツは、そのままでプリンをひとすくいした後、そこにソースを落とす。素の味とプラス ソースの味が両方楽しめるし。

ただですね、以前、といっても数年前になってしまいますが、その頃は
赤福:8コ入り ¥600 だった気がするのですが、¥100値上がりしておりました。
税込が原因…? 今後も値上がりしたとて、お構いなく買ってしまう2品ではあります。
(でもなるべく据え置いて欲しい)

// LINK → 伊勢名物 赤福
[PR]
by hachica | 2005-06-22 12:36 | food


よしながふみ さん
b0001545_13242484.jpg
フラワー・オブ・ライフ (1)
フラワー・オブ・ライフ (2)
こどもの体温 特装版
愛すべき娘たち

よしながふみさんと言えば『西洋骨董洋菓子店』が有名でしょうか。
昔、友達の家で読ませてもらったのが初めての出会い。面白くて「買おう買おう!」と思いつつ買いそびれていたら、とうとうドラマ化してしまい、なんとなく買い辛くなって横目で見つつ、でも結局思い切って買ったことをよく覚えています。(何を思い切る必要があるのか、と思われるかもしれませんが、それまで無かったのに突如帯に『TVドラマ放映中!』とかあると、なんか買いにくいんですよ…なんとなく)
ドラマは観てなかったのですが、話を聞くと内容は原作と違ってた様子。
原作の方、かなり深いです。オススメです。

その後は新刊が出る度に必ず買っていて、最近のものではこの4冊が特にお気に入り。(「こどもの体温」は元々90年代後半のもので、特装版は近年のもの)
心理描写・間合い・キャラクター・ストーリー・・・どれをとっても素晴らしい。
人物の描き方がほんとに秀逸。
笑いあり・涙あり、そしてはっきり言葉にできないような良い意味で複雑な気持ち、読中読後、必ず何らかの感情がこみ上げてくる作品ばかりです。

通常、こういうコミックスの最後の方には、作者のコメントや、日常を映しだす「あとがき」などがありますが、よしながふみさんの場合はちょっと違う。
あとがきの代わりに、描き下しのショートストーリーや作中料理のレシピといった、コミックスならではの「おまけ」が入ってたりします。制作側の舞台裏を見せること無く、1冊まるごと作品世界を堪能できるのもまたひとつの楽しみ。

b0001545_15315983.jpgよしながふみさんの作品には、いつも異様においしそうな食べ物がズラリでてきます。そしてとうとうこんな本が!

愛がなくても喰ってゆけます。

これまた、通常普通にエッセイ漫画として描かれそうなものを、そこはさすがというかなんというか、「フィクション」としてうま〜く調理されてます。
決して単なる料理店紹介本にはされないんですね。
そして、やはりこれも「人間模様」が面白い!

自分・いい時代に生まれたなぁー…と思わせてくれる漫画家さんの一人です。
[PR]
by hachica | 2005-06-07 17:20 | book/comic


メインサイト WORKS更新
b0001545_1844830.jpg

// LINK → www.hm2design.com
[PR]
by hachica | 2005-06-01 19:30 | info.


mobile calendar
6月のカレンダーをUPしました。
今月はお休みがないですねー。

// LINK → ハチミツ.mini

b0001545_190544.gif

[PR]
by hachica | 2005-06-01 19:00 | info.


Top

::: ツブヤキ :::
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30