<< 【Playmobil】 333... 【Playmobil】 461... >>
世界陸上 男子400MH
b0001545_3411090.jpg為末選手、準決勝1組4位。
タイムは48秒46。
自身のシーズンベストで決勝進出決定。


1組には速い人が固まっており、為末選手は4位。+2に入れるかどうか残りの組のタイム待ちでしたが、無事決勝に進みました。


成迫選手は後半、伸びの良さを見せましたが、2組3位・49秒00の準決勝敗退となりました。序盤に強く、後半を問題にしている為末選手にとっては、成迫選手の得意の後半は自分にない得難い魅力として目に映ることと思います。

外国人の、よりがっちりした大きな体格の中で走っている様子を見ると、日本人の体格はやはり小さく、その差を埋める為の努力を思うとちょっと気の遠くなるような気もしてきますが、そこを埋めるべく、前を見て鍛錬していくんですよね。
色々な場面で、時には挫折を感じながらも「自分にはこれだけだ」と真摯に打ち込む姿がいいなというのと、同郷ということもあって、身近な人から学生時代の様子を伝え聞いたりもしたので、いつも気になって見ています。当然…かもしれませんが、小さな頃からもうズバ抜けて速かったと、別格だったという話。とはいえそこから、また鍛えて鍛えて・・・・・。

決勝でも、力を出し切った悔いの残らない走りができるといいなと思います。


・・・速いからキャプチャしてもブレるのがなんとも。
各選手にキャッチフレーズをつけるのが、この頃の「独占中継」局のやり方のひとつですが、成迫選手の「和製カーロン」…和製って!!
クリエイチ部のジャンルからすると、海外の何かに例えて「和製何々」と言われる程嫌な事もないんじゃないか、と思うのですが。。(和製ビートルズ、とかさ)
自分以外の誰かの名で呼ばれているわけですし。
こういう「別の人名系」キャッチフレーズってそんなに必要なのかな。
[PR]
by hachica | 2005-08-08 03:20 | interest


<< 【Playmobil】 333... 【Playmobil】 461... >>